消費者金融の金利改正

消費者金融 審査時間情報 > 消費者金融の金利改正
消費者金融 審査時間情報

低金利 消費者金融

人気 サービス名 実質年率 限度額 審査時間
人気第1位 プロミスお申込み1
プロミス
4.5~17.8%500万円最短30分
≫お申込みはこちら≪
人気第2位 モビットお申込み1
モビット
3.0~18.0%800万円最短30分
≫お申込みはこちら≪
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合もあります。
人気第3位 アコムお申込み1
アコム
3.0~18.0%800万円最短30分
≫お申込みはこちら≪

審査時間について


消費者金融の金利に関しては、利息制限法で規定されている上限が適用されます。
以前までは出資法で規定されている上限金利まで設定する事が可能な状態でした。
これは利息制限法の規定を超えても民事上無効となるだけで、出資法で規定する年利29.2%の範囲内であれば罰則が無いためです。
また出資法の規定でみなし弁済制度があったため、任意に利息制限法の規定を超える利息を支払った場合は無効とはならず有効な弁済として取り扱われていました。
そしてこうした利息制限法の規定を超え、出資法の規定の範囲内の場合はグレーゾーン金利と批判されていました。
そのためみなし弁済制度を廃止し、利息制限法を超える利息を設定し、これに基づく利息が支払われた場合は返還請求ができるようになりました。

しかし政府は金融緩和のため消費者金融のうち一定の条件を満たす企業に対して、再び年利29.2%での貸し付けが可能になるように法改正の手続きを行っています。
この法改正が成立し施行されれば、大手の消費者金融の多くは年利29.2%での貸し付けができるようになります。
また貸金業法の総量規制の対象外にしようという法改正も行われる見通しです。

この法改正が施行されれば利息が高くなるといったデメリットはありますが、専業主婦や学生でも消費者金融のカードローンを作る事ができるというメリットに関しても注目されています。
現在よりも簡単に借入ができるようになる反面で、返済の負担が大きくなります。
そのためきちんとした返済プランを立てる事の重要性がより大きくなると言えます。


消費者金融 会社一覧


消費者金融コラム一覧