消費者金融の法律金利

消費者金融 審査時間情報 > 消費者金融の法律金利
消費者金融 審査時間情報

当サイト消費者金融ランキング

人気 サービス名 実質年率 限度額 審査時間
人気第1位 プロミスお申込み1
プロミス
4.5~17.8%500万円最短30分
≫お申込みはこちら≪
人気第2位 モビットお申込み1
モビット
3.0~18.0%800万円最短30分
≫お申込みはこちら≪
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合もあります。
人気第3位 アコムお申込み1
アコム
3.0~18.0%800万円最短30分
≫お申込みはこちら≪

審査時間について


消費者金融は銀行よりも審査の基準が緩いという事と、金利が比較的高いという事が広く知られています。
かつてこの消費者金融の金利に関しては利息制限法と出資法という2つの法律でそれぞれ異なる基準で規制されていました。
基準は利息制限法の方が厳しめでしたが、罰則がなく民事上無効だという趣旨でした。
これに対して出資法での基準は緩めで年利で29.2パーセントまで可能という内容でしたが、これには罰則が付いていました。

こうした事から利息制限法の基準を超え、出資法の基準の範囲内の場合はグレーゾーン金利と言われ、民事上無効であるが刑事罰の対象外という扱いになっていました。
また消費者金融の多くはこのグレーゾーンの範囲の利息を設定していたという状況でした。

グレーゾーンの利息が設定されている場合は利息制限法を超える部分に関しては、法律上支払う義務はありませんが、任意に支払った場合は有効な弁済として扱われる趣旨であったためこれが問題化しました。
法律を知らず支払わなくてもいいはずの利息を支払い、元本の返済がなかなか進まないという人が多かったというわけです。

そこで法律が改正されて利息制限法の基準を超える分の利息に関しては、元本の返済に充てる若しくは返還請求するといった事が可能になりました。
これがいわゆる過払い金の返還請求です。
これにより返済が困難だった借入金が完済できたという人も少なくありません。
こうした経緯から現在ではほとんどの消費者金融で、利息制限法の範囲内の金利を設定しています。


消費者金融 会社一覧


消費者金融コラム一覧